ハワイ、オアフ島の情報と映画情報を紹介してます。

ハワイ オアフどっと混む

スポンサーリンク

banner

映画紹介

The Big sick:(R)

投稿日:

ビッグ・シック
ホラー映画にしようか、この映画にしようか本日迷っていたのですが、私の大好きな人をダメにするリクライニングシートで上映していたのがビック・シックの方で、GよりPG、PGよりPG-13最優先はRとの個人的な優先順位からもビッグ・シックの方をチョイスしました。


あまり、人種的な側面にスポットを当てた映画は好きでは無いのですが、コメディアン本人が本人を演じるコメディ映画って本人とってはシリアスな映画なのか、それともやはりコメディーなのかと非常に他人ごとながらも気になって仕方ない、中の人が気になるふなっしー状態の解消の為にも観て来た甲斐は有りました。


この映画の日本公開が有るや無しやも知りませんのでもしもって事もあるので、あらすじはネタバレに非ずって事で紹介します。パキスタン出身で叔父を頼りに渡米してきたモスリム一家のクメール<クメイル>は有名ではないコメディアンでシカゴの舞台に立っていた、そこにエミリーが来て直ぐに意気投合、しかし、婚姻は親が決める伝統があるパキスタン人とバツイチの白人アメリカ人、当然もめてやがて破局する、しかも、エミリーは腫瘍が出来て緊急入院、昏睡状態が続く中でエミリーへの愛が消えないクメールはエミリーの両親との対立と理解を深めて行くが奇跡的に目覚めたエミリーは彼を受け入れるのには戸惑いがあった。


そして、ニューヨークへの誘いがありクメールはコメディアン仲間らと共に夢の為にニューヨークへ・・・・・ステージに上がると観客の中にエミリー。・・・淡々として個人的なドラマが展開して行く手法なので盛り上がり、見せ所には欠けますが日常はやはり日常、映画とはいえプライバシーの問題もあるので大変厄介な腫瘍って事なんですが、アメリカの医者って訴訟問題からか病名はハッキリと言わないのが普通なので、その辺り妙にリアリティーある映画なっています。最後は、お幸せにって感じです。日本人受けするか疑問も有りますが、今のアメリカらしさは出ていると思いますしかし、何でR指定なのかは良く判らなかったですが、子供は観ない映画だろうとは確かに思いました。オフィシャルサイトキリンの飲むお酒ハイボール! 続きは映画館でどうぞ。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-映画紹介

Copyright© ハワイ オアフどっと混む , 2017 All Rights Reserved.